ライトコインにおすすめの取引所はbitbankトレードである理由

仮想通貨の取引が盛んになるにつれて、取引業者の数も増えてきました。

仮想通貨のトレードで利益を上げるためには、まずいい取引業者で取引をしなければなりません。

仮想通貨の場合は、業者が取引所を兼ねていることが多いので、選ぶときには特に注意が必要です。今回はライトコインを取引するのに、bitbankトレード(ビットバンクトレード)をお勧めします。

取引所と販売所の違い

これは他でも説明しましたが、もう一度繰り返します。

販売所は業者が仲介して売買するので、スプレッド(売り買いのさや)が取引所に比べてかなり大きいです。

だから、アルトコインを取引するときは特に取引所を使うべきです。

販売所なら何倍~何十倍という無駄なスプレッド料金を支払わなければなりません。

マイナス面としては少し取引画面が見づらく、トレードする時の操作に慣れなければならないことぐらいです。

参考:仮想通貨は取引所と販売所はどちらが得か?スプレッドを比べてみた

bitbankトレードはライトコインのスプレッドが最も小さい

bitbankトレードは国内の「取引所」で、現在ライトコインのスプレッドが最も小さい会社です。

海外を探せばもちろんもっと安いところがありますが、英語でしか表示されていなかったり、サポートも英語でやりとりが必要だったりします。

その点、bitbankトレードは国内業者なので日本語のサービスが充実しています。

bitbankトレードのメリット:口座を開くのに手間がかからない

名前や住所などの基本情報を登録したあとは、本人確認書類のアップロードをすればこちら側の手続きは完了です。

あとはbitbankトレードから確認メールが届くと入出金や取引などができるようになります。

最近はコインの流出事件などで、携帯によるSMS認証や、ログインの度ごとにスマホによる認証を必要とする業者もあります。

その点、bitbankトレードは最小限の本人確認だけで口座が開設できて、取引も可能です。もちろんセキュリティの二重認証などはかかさないようにしましょう。

アルトコインを取引するならbitbankトレード

bitbankトレードはGMOコインやDMMなどと比べて知名度は低いと思います。

ビットコインならば比較的安いスプレッドで取引をできる業者も多いですが、ライトコインなどのアルトコインが安いスプレッドで取引できる国内業者はまだ限られています。

bitbankトレードのスプレッドは他と比べてかなり低く、以下のアルトコインが取引できます。

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbankトレードの手数料(スプレッド)を比べてみる

【ビットコインスプレッド比較】

比較する業者はGMOコイン、DMM Bitcoin、Bitbankです。このうちGMOとDMMは販売所です。

GMOコイン

DMM

Bitbank

こうして見てみると、GMOはスプレッドの差が2万円(ほぼ固定)

DMMは1500円、Bitbankは144円です。

【ライトコインスプレッド比較】

GMOコイン

DMMBitcoin

Bitbank(ビットコインベースのライトコイン)

GMOは1200円、DMMは993.2円、Bitbankはビットコイン表示の値段なのでわかりずらいですが、0.00007105BCT、1ビットコイン=73万円と仮定して、51.8665円、わずか50円あまりだということになります。

アルトコイン取引の最大の要素はスプレッドの大きさ

GMOコインやDMMBitcoinでは他のアルトコインも取引できますが、概ねスプレッドは一割程度です。

スプレッドは売買価格の差なので、もし一割のスプレッドが存在すると、買った瞬間に証拠金の一割を失っているのと同じです。

上のライトコインの場合だと、GMOでライトコインを13390円で買えば12190円でしか売れないことになり、1200円のマイナスが同時に生じていることになります。

このスプレッドの差は販売所である限り存在して、手数料よりかなり高額なコストを強いられます。ライトコインに限らず、取引をするにはまずスプレッドが小さな会社を選ぶようにしなければなりません。

bitbankトレードのマイナス点 取引画面がやや見づらい

そのような点で優れているbitbankトレードですが、スプレッドが小さいかわりにトレード画面がやや見づらいという問題があります。

ビットコインの取引はそのまま円でできるので問題はないですが、例えばライトコインの取引はビットコインベースで行わなければなりません。

しかし、もし1000円の手数料を支払わなければならない業者と、50円の業者とどちらで取引をするかと聞かれれば、間違いなく後者でしょう。

売買注文の操作に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、簡単注文のたびごとに一割近い高いスプレッドを支払わなければならないより、はるかにましです。操作は慣れれば思ったより簡単に使えるようになります。

これからが期待されるbitbankトレード

このようにスプレッドが狭いbitbankトレードですが、まだ認知度があまり高くなく取引量はさほど多くありません。

大量に売買したい人はもう少し大手の海外業者を使ったほうがいいでしょう。しかし日本語でサービスを受けられるのと、販売所よりはるかに低コストで済むシステムは見逃せません。アルトコインの取引をする投資家が増えるほど、今以上にbitbankトレードのトレードコストは下がってゆくと思います。

まとめ ライトコインにおすすめの取引所はbitbankトレードである理由

★bitbankトレードの特徴は取引所ならではのスプレッドの小ささ。売買コストが販売所に比べてかなり小さい。

★そのかわりトレード画面見て売買をすることに慣れないといけない。しかし日本語画面なので海外業者よりはわかりやすい。

★取り引き量がそれほど大きくないので、数百万円以上を常に売買しようというトレーダーには不向き。

とにかく最初に仮想通貨の取引を始めるのなら、「国内の」「取引所」で取引を始めることをお勧めします。

bitbankトレードはスプレッド・手数料の安さから特にお勧めです。

次回はbitbankトレードでのライトコインの注文方法について書きました。
【ライトコインの買い方】bitbankトレードでライトコインを注文してみました。

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です