ライトコインが指値注文で取引できる取引所とできないところを調べてみた

今回はライトコインが指値で取引できるところとできないところを調べてみました。

指値注文は、あらかじめ自分にとって都合のいい値段で注文を出すことですが、ライトコインが取引できても指値注文ができるところとそうでないところがあります。主要な取引所について調べてまとめてみました。

ライトコイン自体が取引できる業者とできない業者

まず、国内の主要な業者でライトコインを扱っているところと扱っていないところの区別です(2018年4が月時点)

ライトコインを取り扱っている業者

  • bitflyer
  • bittrade
  • bitbank
  • btcbox
  • DMMBitcoin
  • GMOコイン

取り扱っていない業者

  • Zaif
  • QUOINEX

まず、似たような名前がいっぱい出てきて紛らわしいので説明しておきます。

ライトコインを取り扱っている主力の業者は、まずbitflyer(ビットフライヤー)ここは一番の大手ですね。

これは間違えないと思います。

次は似たような名前が並んでいますが・・・

  • bittrade(ビットトレード)
  • bitbank(ビットバンク)
  • btcbox (BTCボックス)

それぞれライトコインの取り扱いがあります。規模としては中堅どころといった感じです。

この中ではbittrade(ビットトレード)とbitbank(ビットバンク)はライトコインとビットコインのペアで値段がついていますが、btcbox (BTCボックス)はライトコインと日本円のペアなので円ベースで取引ができます。これらは三つとも取引所です。

さらにDMMBitcoinとGMOコインはそれぞれライトコインの取引ができます。このふたつは販売所です。

※「取引所」と「販売所」の区別はとても重要で、すぐあとで違いを説明します。

ライトコインの取り扱いがない業者ですが、Zaif (ザイフ)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)では取引ができません。

これでライトコインが取引できるところとできないところがわかったと思います。さて、次に重要なのが、どこでライトコインの指値注文ができるかです。

結論を先に言えば、指値注文は「取引所」ではできて「販売所」ではできません。

※取引所と販売所の違い

販売所
スプレッドが高め
売買注文が簡単=指値注文ができない
(例)GMOコイン

取引所
スプレッドが安い
売買注文がやや複雑=指値注文ができる
(例)bitbank

◎販売所での注文

販売所では指値ができないので、業者が提示した値段が気に入れば注文を出し、気に入らなければ値段が合うまで待ちます。
(例)GMOコイン

◎取引所での注文

取引相手の値段に合わせてトレードしますが、あらかじめ指値もできます。スプレッドに関しては、間違いなく取引所が有利です。
(例)bitbank

◎ライトコインの指値注文ができる業者一覧

bittrade:指値注文できる
bitbank:指値注文できる
btcbox:指値注文できる

bitflyer:指値注文できない
DMMBitcoin:指値注文できない(FXはできる)
GMOコイン:指値注文できない

上の三社は「取引所」で、下の三社は「販売所」です。

※ただしDMMについてはこちらも参考
DMMbitcoinのアルトコインFXを徹底検証【スプレッドが広すぎる!?】

ライトコインとの通貨ペア ビットコインか円か!?

さて、
bittrade(ビットトレード)
bitbank(ビットバンク)
btcbox (BTCボックス)
の三社がいわゆる「取引所」でライトコインの指値注文ができる業者だと分かりました。

似たような名前の三社ですが実は大きな違いがあります。それはライトコインが円でトレードできるかどうかです。

ライトコインの通貨ペア

LTC/JPY  ライトコイン/円
LTC/BTC  ライトコイン/ビットコイン

基本的にライトコインの通貨ペアには二つあります。ライトコインの円建て取引と、ライトコインのビットコインベースの取引です。

btcbox (ビットボックス)はライトコインを円で指値ができる

ライトコイン/円の取引ができる数少ない「取引所」として、btcbox (BTCボックス)があります。あまり馴染みがないと思いますが、中堅の取引所として貴重な存在です。

このような具合にライトコインの円建て取引ができます。売り買いの値段の開きを見ても、208円とかなり小さいのがわかります。

ライトコイン/ビットコイン取引のbitbank(ビットバンク)

一方、ライトコインとビットコインのトレードができるのはbitbank(ビットバンク)です。下の板を見ればわかるようにライトコインの値段がビットコイン表示されています。

買い 0.01691874 BTC
売り 0.01680000 BTC

売り買いの値段をビットコインに直さなければいけないので少し不便ですね。わかりやすいようにビットコインが80万円とすれば、スプレッドは約94円です。

ライトコインにおすすめの取引所はbitbankトレードである理由

2018.04.11

ライトコイン/円取引ならがbtcbox(BTCボックス)がお勧め

国内ではライトコインの場合、ほとんどが販売所でスプレッドも千円以上が多いです。その点、btcbox (BTCボックス)は200円くらいの大きさで、しかも円ベースで取引ができるのでとてもお勧めです。

一方、bitbank(ビットバンク)はライトコインとビットコインの交換取引になるので、値段も少しわかりづらいかもしれません。基本的に言えばライトコイン/円取引と、ライトコイン/ビットコイン取引は全く別物なので、両方をトレードできる体制にしておくのがベストでしょう。

まとめ

ライトコインを指値注文できる国内業者=取引所
bittrade(ビットトレード)
bitbank(ビットバンク)
btcbox (BTCボックス)

ライトコイン/円取り引きではbtcbox(BTCボックス)
ライトコイン/ビットコイン取引ではbtcbox(BTCボックス)がお勧めです。

特に、btcbox (ビットボックス)はライトコインを円で指値ができます(一社のみ)

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です