ライトコインがビットコインよりも将来性が高い理由【処理能力限界説】

私がビットコインよりもライトコインに投資する価値があると思う理由」でも書きましたが、ライトコインはビットコインよりも優れていると私は思っています。

今回はライトコインとビットコインの処理能力・速度の違いについてです。

ライトコインはビットコインの欠点をカバーして作られています。ビットコインの方が現在はるかに人気がありますが、最大の問題は送金スピードです。

取引所に送金するのにライトコインは10分程度で済むところを、ビットコインは数時間もかかってしまいます。

この問題は解決するどころか、ビットコインの取引量が圧倒的に増えた現在、ますます大きくなっています。

今回はライトコインの処理スピードの速さをブロックチェーンの仕組みに立ち返って解説しようと思います。

現在のライトコインとビットコインの送金速度の違い

冒頭でもでもお伝えした通りに、ライトコインに比べてビットコインはかなり遅くなっています。

これはビットコインが主力のコインであるために、取引量が大きくなりすぎているということも関係しています。

現在、大手の取引所に送金するのにライトコインならば10分で済むところを、ビットコインは数時間、場合によってはそれ以上かかってしまいます。

ブロックチェーンの処理能力の違い

ひとつのブロックチェーンのブロックを処理するのに、ライトコインは2分半ですが、ビットコインは10分かかります。

これがまずシステムの根底にある違いになります。それにビットコインの取引量がましていることで、ビットコインのシステムがより混雑を来たしている状態になっています。

ブロックチェーンの認証方法

基本的にビットコインのような分散型のブロックチェーンの場合は、ひとつのトランザクション(取引)をほかの全ブロックが承認するという形で認証が行われます。

つまり、取引自体がルールに照らして「公正か」「データ内容が正しいか」ということを残りすべてのブロックが判断をするのでかなり手間と時間がかかってしまいます。

時間短縮化の方法

全ブロックが参加する取引の認証法というのは、信頼性や確実性の上では問題がないですが、あまりにも時間がかかるので、それを短縮する方法が開発されています。

ひとつには公正な取引かどうかの判断を特定のパートだけに行わせる(マスターノード)と言われる方法で、もうひとつはブロックチェーンの処理を並列する形で同時進行して行わせるものです。

さらには最近開発されているライトニングネットワークというものも現れました。

これらの方法を使って処理を早くできるのですが、中々現在のビットコインには取り入れられないようです。というのも従来のプログラムの変更を強いるものでもあるからです。

ブロックチェーンの目的

本来のブロックチェーンの目的は、最終的に全ブロックにすべての取引のデータを残して信頼性を保つことです。

しかし処理の途中では、前述したように、一部だけに公正な取引の判断を行わせたり、並行処理したりする技術で、処理時間の短縮はできます。

この技術は現在研究され応用されていますが、やがてはビットコインもシステムが変わっていかないといけないでしょう。

ビットコイン10分ライトコイン2.5分の意味

実用性から考えてみましょう。ビットコインはひとつの取引に最低10分かかりますが、何か物を買うときに支払いに10分かかっていたらどうなるでしょうか?

現在のクレジットカードはネットが物を買う時もコンビニで支払う時も、ほとんど瞬時に決済ができますが、10分という支払い速度の遅さは致命的とも言えます。

この点ではライトコインの2分半という速度もまだ遅すぎるかもしれません。現在、仮想通貨での決済が小売業界に浸透しないのは、この支払い速度の遅さにあります。

送金では問題がないライトコイン

送金においては処理速度の速さがそのまま生かされて、ライトコインは問題がないと言えるでしょう。

ライトコインの取引量がそれほどないのも幸いしているかもしれません。大手の取引所にはビットコインではなく、ライトコインで送金したほうが急いでいるときは早くすみます。

送金料も格段に安い

実験によると2018年3月時点で、ライトコインが35円で済む送金料が、ビットコインは2500円以上かかるようです。

このように現在はビットコインは取引量が多いゆえの弊害が出てきています。ハードフォークでビットコインキャッシュ(BCC)などの新しいコインができて問題点が改良されても、それはあくまで新しい通貨での話です。

現在、取引量が群を抜いて多いビットコイン自体が、その取引の混雑をどう改善するかはビットコインの問題です。

ライトニングネットワークを導入か

現在、ビットコインもライトコインもライトニングネットワークが試されていますが、将来的には導入される可能性があります。技術の詳細は省きますが、認証のやり方を都合よく変えることで飛躍的にブロック処理を早くする技術です。

ただしこのように本格的な技術ですが、導入するのがビットコインやライトコイン本体になるのかどうかは明確ではありません。ハードフォークで新しくコインが作られるのなら、問題の解決にはならないでしょう。

まとめ

★ビットコインはひとつのブロック処理に10分かかるがライトコインは2分半ですむ。

★現在、ビットコインは取引の多さから慢性的に処理が混雑している。送金料もライトコイン35円に対しビットコイン2500円。

取引所への送金ということに関してはライトコインは10分程度で、ビットコインは数時間以上かかります。ライトコインは時間、手数料ともにはるかに安いので、送金にはライトコインを使ったほうがお得ですね。(もちろん取引所がライトコインに対応している場合です)

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です