DMMbitcoinのアルトコインFXを徹底検証【スプレッドが広すぎる!?】

今回はDMMBitcoinのアルトコインFXについて検証してみたいと思います。

なぜ取り上げるのかといえば、ここのアルトコインFXでライトコインもトレードできるからです。

果たしてDMMBitcoinでのライトコインのトレードは得なのでしょうか?損なのでしょうか?

宣伝で有名な販売所 DMM

DMMBitcoinはよく宣伝を目にする有名な仮想通貨の販売所です。アフィリエイトも行っているので、取引を勧めているサイトも多いようです。果たして実際にDMMbitcoinでアルトコインをトレードをするのはメリットがあるのでしょうか?

DMMBitcoinのアルトコインFXの特徴

6種類のアルトコインをレバレッジ5倍までかけられるというのが売りです。

念の為に言っておきますが、レバレッジ5倍というのは投資金の5倍なのでたとえば20万円の資金があれば100万円分の取引ができます。5倍の資金を建てているのと同じなので、利益も5倍になりますが損失も5倍になります。

DMMBitcoinのアルトコインのスプレッド

レバレッジに関しては、利益を出す時も損を出す時も5倍になるということなのでいいとしましょう。

問題はアルトコインのスプレッドです。スプレッドはいうまでもなく購入価格と売却価格の差で、そのまま支払わなければならないコストになります。

これがある時点でのライトコインの値段ですが、売りBidが15442.7円、買いAskが17067.1円と1624.4円もの開きがあります。約16000円の時のライトコインで1624円のスプレッド。

スプレッドに1割がコストとして取られてしまうということは何を意味するでしょうか?

1割のスプレッドはコストとしてかなり大きい

もしDMMbitcoinのアルトコインFXでライトコインを購入すれば、17067円で買った瞬間、15442円でしか売れないことになります。

つまりスプレッドの分は、買った瞬間に損をしてしまうことになります。170万円で買えば、154万円が実体価格。直ちに16万円の損失。これがDMMbitcoinのアルトコインFXの実態です。

ビットコインはまだスプレッドがまとも

ほかのアルトコインも載せますが、大体において1割がスプレッドです。

ただ、ビットコインだけは比較的スプレッドがまともで8000円余りの差です。

ビットコイン本体の値段が96万円として0.8%がスプレッドです。96万円投資をして8千円が手数料というのはまずまずといったところでしょう。どうして、ビットコインとアルトコインにこれほどの差があるのでしょうか?

アルトコインは人気がない⇒コストが高い

ひとつにはビットコインに比べて人気がなく、取引量が少ないためにコストが高くなっている可能性があります。結論からいえば、DMMbitcoinのビットコインでレバレッジ取引をするのはOKですが、アルトコインはやめておいたほうがいいと思います。その理由はもう一つあります。

スプレッドの分が損失としていきなり計上されてしまう

スプレッドは、たとえば買った瞬間に損失として計上されてしまいます。

170万円で買えば、155万円が現在の売値なら15万円はマイナスとして計算されます。普通の取引の場合は元本が減るだけですが、レバレッジをかけていたら大きな問題が生じてしまいます。

レバレッジの分だけスプレッドの損失が大きくなる

例えば5倍のレバレッジをかけていたとすれば、スプレッドの10万円分は5倍に評価され、いきなり50万円分の損失を出したのと同じように計算されます。これは少し極端な例ですが、ここで冷静になって考えてみましょう。

ライトコインを17万円分投資したとします。1.7万円が価格なら10枚買えます。レバレッジ取引で5倍レバレッジをかけるなら50枚買えてしまいます。1.7×50=85万円投資出来るのと同じです。

この中にスプレッドは1割ふくまれています。もし5倍建てたなら、スプレッドの料金も5倍払わなければならなくなります。ということはスプレッドで5割。

5倍のレバレッジ取引は支払うスプレッドも5倍

スプレッド1割×5倍=5割(半分)のコストがかかります。

実際に1.7×50=85万円の1割で計算すると8.5万円。

投資した17万円のうちの半分が買った瞬間に失くなってってしまいました。

5倍のレバレッジでは、投資金の半分が一瞬で消える

このように、DMMbitcoinのアルトコインFXのスプレッドが1割と大きいために、5倍のレバレッジをかけると、投資金額の半分が瞬間に消えてしまうという悲惨な出来事が起きてしまいます。

これでは業者にスプレッドの形で、投資資金の半分を手数料として支払っているのと同じです。

ということでDMMbitcoinのアルトコインFXは、スプレッドが大きすぎて話にならないということがわかりました。

まとめ

★DMMbitcoinのアルトコインFXはスプレッドが1割。同社のビットコインが0.8%と、10分の1以下なのを見ても大きすぎる。

★レバレッジをかけると、スプレッドとして支払う分で投資金が飛んでしまうのでご用心。

DMMBitcoinはよく宣伝をしている業者ですが、アルトコインの取引には向いていません。

しかし、ここだけの問題ではなく「販売所」のもつシステムの限界だと思います。

アフィリエイターはいいことだけしか書かないのであまり知られてはいないと思いますが、高いスプレッドを業者に支払ってしまわないようにしましょう。

※ライトコイン等のアルトコインを取引するならbitbankがおすすめです。
ライトコインにおすすめの取引所はbitbankトレードである理由

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です