次に上がるコインはどれか?総崩れの仮想通貨市場の底値分析

総崩れの仮想通貨市場・・・このまま沈む通貨 底値から浮かび上がる通貨はどれだ!?

2018年3/19現在、仮想通貨市場はまだまだ波乱状態にあります。

ご存知のとおり昨年末は仮想通貨全体が暴騰して、年明けにその反動が来ました。高値から何分の一になってしまうような下げは2月までで止まったのですが、ここに来て再び2月安値に向かって下げるトレンドになってきました。

2月につけた安値を下抜くかどうかは、底値をさらに下回って下げてゆくトレンドになるかどうかの大きな分岐点です。これは各コインによって別々の動きになるでしょう。

今回はアルトコイン全体の動きを眺めて、底値を切って更に下回りそうな銘柄、底入れして復活しそうな銘柄を予想したいと思います。

2月初旬が本当の底ではなかった可能性

ビットコイン日足

ビットコインのチャートを最初に持ってきたのは、やはり一番今の仮想通貨全体の動きを代表していると思うからです。

去年末は240万円の高値がありましたが急落、2/6には64万円の安値まで下げました。そこから120万円付近まで上げたので完全な底入れかと思われましたが3月に入って再び下げ足を早めています。

3/18に77.8万円の安値があり、うかうかすると最安値を更新するかもしれない状況になってきました。

結局、現在の仮想通貨の状況はこのビットコインの動きがすべてを物語っていると思います。年明けに大天井をつけてそこから急落、2月初めに同時に大底を確認したかのように思えましたが、調整はまだ終了していなかったようです。

ビットコインもこれから正念場に

仮想通貨全体が年末に異常な爆上げをしたおかげでその反動も大きくなりました。つねに仮想通貨市場は乱高下する傾向がありますが、今回は国家的な規制や大規模なハッキング事件も起きたことから、過去と比べても一番スケールの大きな調整になりました。

バブルの天井だとみなされて資金が引き上げられていることもあるでしょう。指標銘柄であるビットコインがこれから底割れする可能性は5割以上あると思います。

ライトコインは比較的健闘

ライトコインの日足ですが健闘しています。2/2に1万円を割るかどうかという局面がありましたが、その後は2万円台前半まで復活しました。最近の下落でも1万円半ばまで下げたあと1.7万円台まで戻っています。(3/20)

ライトコインが頑張っているのはVisaと提携する材料が出たこともありますが値段が安いことも理由に挙げられます。

ビットコインに比べても割安感が働いているように思えます。ライトコインは2/2の1万円の安値を切らずに持ちこたえる可能性があります。万一もう一度1万円に来れば絶好の買い時ですね。

リップルは底割れ

対照的にリップルは底割れしてしまいました。国内の大手銀行が参加したリップルによる送金実験ですが、いまだにテスト段階に過ぎないということで実現はまだ先だと判断されたようです。

リップルは昨年5月にも似た展開があって同じような形で暴落しました。

ここからの予想ですが、底割れしたことでさらに下げる可能性が高くなってきています。リップルの場合はまだこれまで「理想買い」の要素が大きかったのでこれは仕方ない展開でしょう。ただ、銀行の送金システムの改革は必ず数年以内に起きます。

逆に言えばこれから下げるだけ下げたほうがより下値で拾えるチャンスが増えるともいえます。

リップルは極めて将来性の高い銘柄でライトコインの次に注目していますが、とりあえずは「買いたい弱気」でしばらくは放置しておきましょう。

XEMは底なし

XEMはこの前も取り上げましたがコインチェックから流出したネムのことです。

このコインも2月安値の38円を大きく下回る25円をつけました。チャートを見ればわかるようにネムの場合はほとんど反騰らしいところがなくここまで来ました。流出事件のあとは極めて地合いが悪くなっているようです。

未だに犯人が逮捕されておらず、流出したネムも宙に浮いたままなので、いつかハッキング犯人のネムが市場に出てくるのではという憶測が疑心暗鬼を呼んでいるようです。

ネムはリップルと違って将来性がすこぶるあるというわけではありません。どんなに下がっても「買い」というわけにはいかないでしょう。本当の底なしになってしまう可能性があります。ネムは底値の目安すらつきません。10円割れもあります。

同時に下げている仮想通貨市場でも強さはまちまち ライトコインが賢明か

さて、今回はいろんな銘柄のチャートを見てきましたが、同じ下げているといっても強さはコインによって違うということがわかったと思います。

期待のライトコインは一番善戦していましたね。

ただ無条件に拾っていいわけではなく3月いっぱいはまだ様子見でもいいと思います。

長期的にはリップルが「買い」ですがこれももう少し待ちましょう。50円割れもあります。

まとめ

★全体が下げ基調だが強さはコインによって違う。ライトコインは強く底値からかなり上だが、リップルはすでに割り込んでいる。

★ビットコインがこれから安値を更新する確率は半々。ネムにはまだ手を出すな。

これからは2月底値との関係を見ながら各通貨をトレードしてゆくことになります。4月にはもう一度、2月のような安値のピークが来る可能性があります。

そうすればようやく「買い」のチャンスです。

2018年3月22日更新しました
仮想通貨市場の調整はいつまで続くのか?ライトコインの底値買い戦略

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です