ライトコインマイニングで利益は出るのか!?コストから検証してみた。

マイニングという言葉は最近よく耳にすると思います。ただ具体的にそれがどういうものかを知らない人も多いと思いますし、実際にマイニングに関わっている人の数も限られています。

今回はマイニングで利益が出せるかどうかについてお話します。

マイニングの意味について

マイニングは取引データの承認や確認を行う作業のことです。

ブロックチェーン技術を使ったシステムは管理者が不在で取引は自動化されています。ブロックチェーン自体もひとりでに増えていきますが、誰かが取引を確認・検証しなければいけません。

ビットコインのようなシステムでは各ブロックの検証を最初に終えた人に報酬として一定量のコインが与えられるようになっています。

しかし、このマイニングの作業自体競争であり、しかも膨大な量の計算を必要とします。マイニングには高性能のコンピューターが必要です。

マイニングのためには設備投資が必要

マイニングは過当競争になってきているので、かなり高額の設備投資が必要です。まず普通のパソコンでは性能不足なので計算速度を上げる特殊な装置が必要です。

パソコンに詳しい人は知っていると思いますが、自分のパソコンで本格的なゲームをするためにはグラフィックスや計算処理の性能を上げるGPUという装置を取り付けないといけません。

マイニングのためにはさらに高性能のASICというマイニングツールが不可欠になります。この装置代がかなり高額になります。

設備投資費用=PC+マイニングツール+冷却装置

ASICはおよそ数万~数十万円します。

さらにほぼ24時間パソコンを稼働させるので、パソコンが持つ熱を冷ますために冷却装置が必要です。パソコンと合わせてこのふたつが主な初期投資になります。マイニング用のソフト自体はインターネットで無料でダウンロードできます。

マイニングの最大のコストは電気代

マイニングで得た利益を報酬として受け取ったとして、ここから設備投資費用を回収しないといけません。

しかし、その前に電気代という問題が立ちはだかっています。パソコンを24時間フル稼働しなければいけないのでかなり電気代がかさんでしまいます。パソコンを冷却する装置を動かす費用もかかります。

そのような理由で、現在、大手のマイニング会社は電気代の安い中国に集中しています。

利益=マイニング報酬-電気代-設備投資費用(減価償却費)

これがマイニングで出せる利益の方程式になります。要するに、毎月マイニングで出せる利益が月々の電気代を上回れるか、残った利益で設備投資費用が回収できるかどうかということになります。

普通の24時間ノートパソコンを稼働し続けた場合、ひと月の電気代は千円かかるといわれています。つまりマイニングによる報酬が月額千円を超えれば回収することができる計算になります。

普通のパソコンでは電気代も回収困難

しかし例えばビットコインの場合、現在のマイニングは難易度が上がっていて、普通のノートパソコンではこの千円も稼げないのが実情です。

マイニング時の報酬を計算できるサイトはいくつか存在しています。海外の英語のサイトが多いですが興味があれば調べてみてもいいでしょう。

MINER GATEcryptocompareのサイトの計算表を使えば大体のところは出せます。

2018年3/9時点の状況ではビットコインの場合はAntminerという機材を買い込んで性能を上げていけば一応電気代を上回る代金は回収できるようです。

マイニング専用の機材は電気代も高くつく 個人でマイニングしても一応は利益がでるが・・・

ただ、マイニング用の機材は電気代も膨大に消費します。Antminerの能力の高いものになるとひと月1万円~1.5万円といったところでしょうか。報酬の方はひと月0.01~0.02BTC程度のようです。(1BTC=100万円として1~2万円)

個人でマイニングするにしてもクラウド(グループ)に参加するにしても一応は利益は出せるようです。

ただ大きな問題点がいくつかあります。

マイニングの問題点

1.マイニングの難易度がどんどん上がっている
2.報酬が極めて不安定

その結果、最新式の機材代金を回収できるかわからない。

とくにビットコインの場合は計算の量と難易度がかなり上がってきています。そのために最新式の装備が必要になりますが、結局、パソコンの装置代を報酬で取り戻しているようなものです。しかも今月出た利益が来月も出るかわかりません。

ライトコインのマイニングは利益が出る可能性はある

アルトコインはビットコインよりもマイニングで稼ぎやすいと言われています。

ライトコインのマイニングで出る報酬を上記のサイトの計算ソフトを使えば、高性能のASICでひと月あたり1.4LTCくらいです。つまりひと月マイニングをやってライトコインが1.4枚もらえる計算になります。

3/9の時点で1LTC=およそ2万円なのでひと月2.8万円。電気代が半分の1.4万円ですが、ライトコインの計算の場合はより省エネに設計されているのでもうすこし安く1万円を切る可能性もあります。

ただこれも初期投資を取り戻してからの話なので、もし10万円を機材に投入すればその機材代金をまず回収しなければなりません。半年で回収できれば早い方ですが、その時にはまたより性能が高いPC装備が必要になっている可能性があります。

まとめ

★マイニングは電気代と機材購入費用のコストとの戦い。通常のパソコンでは処理が不可能。

★性能のいいパソコンは電気代は回収できるが、機材にかかった費用をいつ回収できるかがポイント。

★ライトコインはビットコインよりも利益が出る可能性はある。

結局、パソコンの性能UPに合わせてどんどん作業の難易度も上がっているのが実情です。高い機材を買い換えて行ってマイニングの報酬でそれを支払っているというような状況に陥っている人が多いようです。

自動的に利益が出るところは魅力ですが、普通に仮想通貨に投資したりアフィリエイトをやったほうが利益は上がる可能性はあります。

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です