ライトコインのライバル?ビットコインキャッシュと比較・検証してみました。

ライトコインのライバル!? ビットコインキャッシュと価格の動きを比べてみました!

ライトコインは本来、ビットコインの弱点を補うように開発されていますが、去年、強力なライバルが誕生しました。

それがビットコインキャッシュ(BCC)です。ビットコインキャッシュは、同じようにビットコインの弱点である処理速度の遅さなどをカバーするために誕生したコインということで、ライトコインにとってはいわば、競争相手というべき存在です。

今回は、ビットコインキャッシュとライトコインの動きをお互いに比較、分析してみました。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCC)は去年2017年8月にビットコインからハードフォークで生まれた新しいコインです。

主に、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために誕生しました。

といっても、スケーラビリティ問題というのは何なのかよくわかりませんよね。しかし、これは極めてシンプルな理由なのです。

ビットコインの容量は小さい

ビットコインの1ブロックあたりのサイズは1MBと限られています。1メガといえば小さなアプリより大きく、少し容量の大きな画像データと変わらないくらいでしょうか。

現在、ビットコインのブロックチェーン全体の大きさは500ギガを超えていますが、ひとつひとつのブロックの大きさは1MGに過ぎません。

そしてほとんど同じようなブロックが並んでできていて、この1MGのブロックごとに取引の処理・記録などを行っているのです。この1メガに過ぎない能力で処理を行っていることで生じる問題や限界のことを、スケーラビリティ問題と呼んでいます。

ブロックサイズを大きくしたビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュでは、このブロックサイズの大きさを8倍の8メガにしました。

◎ブロックサイズの大きさ
ビットコイン        1MG
ビットコインキャッシュ   8MG

実にわかりやすい解決法だと思います。ブロック生成時間も同じ10分。ビットコインから分岐したので、ほとんど同じシステムになっています。

違いといえば、代わりにビットコインはデータ圧縮のためのセグウィットという改良を行っていることですが、そのことはここではふれないでおきます(ライトコインも行っています)

とにかく、ビットコインキャッシュは8MGとブロックサイズが大きいので、データ圧縮などの改良も必要なく、今までのビットコインで生じていたいろいろな問題が解決出来る可能性がでてきた、ということを理解しておいてください。

ビットコインキャッシュはビットコインの代用品

本質的に言えば、ビットコインキャッシュはビットコインそのものに取って代わるために生み出されたものです。

しかもビットコインのハードフォークから生まれているので、誕生した瞬間からビットコインと全く同数のブロックが存在しています。ということは、ビットコインキャッシュは、最初からビットコインの8倍の容量を持った存在だということです。

それほど大きなシステムを持つコインですが、ビットコインの弱点を補う存在だということで、ライトコインと競合するとも言われています。ライトコイン自体が元はといえばビットコインを補うために作り出された存在だからです。

ビットコインキャッシュの値動き

ビットコインキャッシュ日足

12月はビットコインの動きと同調して50万円までありましたが、その後は仮想通貨市場が下げたので暴落しています。2月安値が8.2万円で一度は戻したものの、3月は再び下げて6.5万円がありました。

この時点で2月安値を下回ってしまったことになります。しかし、その後は市場の回復とともに急騰して5/7現在は18万円前後です。

このように見てもビットコインキャッシュは値段が高く、10万円を割り込むこともありますが、基本的に数十万円台で推移していることがわかります。ただ値動きは大きく、4月に2月安値を割り込むなど値動きが不安定なところも見て取れます。

ライトコイン日足

次にライトコインを見てみましょう。やはり12月に高値をつけていて6万円が最高値です。その後2月初めには1.07万円まで下げますが、材料が出て一度は回復します。3月末にライトペイ中止で1.15万円まで下落。

しかし、この時でも2018年2月安値は下回りませんでした。現在は1.8万円付近で推移しています。

このように見比べると、いくつかのことが見て取れます。

BCCとLTCの値動きまとめ

★ビットコインキャッシュはライトコインより値段が高く、10倍くらいの価格差がある。

★ビットコインキャッシュは動きが不安定で、4月には2月につけた安値を下回っている。(同時期にライトコインは持ちこたえている)ただその後は、底値から3倍近くまで上昇している。

値段からいえば、ビットコインキャッシュはビットコインの5分の一で、その10分の一がライトコインというところです。この関係から言うなら、ビットコインキャッシュはやはり、ライトコインよりもビットコインとの関係性で語られるべき存在なのかもしれません。

しかし、ライトコインは値段が安い分、下値での安定感があります。最近でも1万円は鉄板の底値でした。こういうところは割安なコインの有利なところだと思います。三者を見比べて、一番有利な値段に来たと思ったコインに投資するのも面白いでしょう。

お役に立てましたらシェアおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です